除毛クリームの副作用について

MENU

除毛クリームの副作用について

直方ミュゼ

除毛クリームは自宅で簡単にムダ毛の処理ができるので、大変手軽で便利です。クリームで毛を溶かし除毛します。使い方も簡単です。除毛したい部分の肌に塗ります。そして、少し時間を置きます。この時、使用するクリームによって放置する時間は違いますので必ず確認すべきです。除毛が確認できたら、クリームを取り除きます。そして、お風呂場などできれいに洗い流すだけです。しかし、除毛クリームの使用は、正しく使用していても稀に何らかの副作用が起こる場合があります。

 

基本的に副作用がないように作られていますが、元々敏感肌の人や、アレルギー体質の方、その時の体調などで、副作用が出る場合があります。また、使い方を間違えても皮膚に悪影響を与えます。副作用として、肌が荒れたり、かゆみやかぶれ、炎症、色素沈着などのトラブルを引き起こす場合があります。元々肌の弱い人は副作用には注意が必要です。

 

毛は、タンパク質で出来ていて弱酸性を保っています。除毛クリームは、タンパク質の毛を溶かすために、アルカリ性の成分が使われています。タンパク質の毛とアルカリ性のクリームが反応することで、ムダ毛を処理できるようになっています。ただ、除毛クリームは毛だけに塗るわけでなく、どうしても肌にもついてしまいます。その為、少なからず肌にも影響を受けています。除毛クリームを使用する前は、必ずパッチテストをすることが必要です。肌の状態を確認することが大事です。また、塗っている時間は必ず守ることです。使用後は保湿ケアをしてダメージを抑えることが必要です。除毛クリーム後に使うと良い、ローションなどもあります。